巻き爪

越谷の巻き爪専門院が知ってほしい|巻き爪を直すには矯正が必要!?

巻き爪はどこでどうやって直す?

巻き爪を直すにはどこへ行けばいいのかわからない方も大勢います。矯正ができるところか、それとも病院へ行くべきか迷いますよね。

この記事では、当院の巻き爪矯正法のご紹介はもちろん、他の矯正方法や病院での治療にも言及いたします。是非ご参考ください。

巻き爪の矯正方法その1【プレート矯正】

巻き爪矯正には樹脂製などのプレートを用いた矯正方法があります。プレートを爪の曲面に貼りつけると真っ直ぐに戻ろうと反発力が働き、いっしょに爪を真っ直ぐに矯正してくれます。爪に密着して貼り付けるので、引っかかって取れる心配が少ないのが特徴です。

巻き爪の矯正方法その2【ワイヤー矯正】

巻き爪矯正にはステンレスやチタンなどの合金製のワイヤーを用いた矯正方法もあります。ワイヤーを爪端に引っ掛けたり、爪に穴を開けて通して固定します。ワイヤーの反発力が働いて爪を矯正できますが、爪から出っ張って引っかかりやすいのでプレートよりも外れる可能性が高まります。

病院での巻き爪処置

病院では外科的治療を行うケースがあります。巻いている箇所を根本から切るやり方です。痛みがすぐに解消されますが爪幅が狭くなります。

また保存的治療も行っています。爪を切らない治療を指します。爪と皮膚の間に綿を詰めて食い込み軽減させる「コットンパッキング」。皮膚にテープを貼り、爪から遠ざけるよう固定する「テーピング法」など。しかしながらこれらの処置は一時的な痛みを緩和させる方法で、巻き爪を根本的に直す方法ではないです。

先にご紹介したプレート矯正やワイヤー矯正などの巻き爪矯正も保存的治療に含まれます。

埼玉巻き爪矯正院のプレート矯正について

埼玉巻き爪矯正院 越谷院のプレート矯正は矯正効果が素早く実感いただけるのが大きなポイントです。巻き爪には個人差があり、それに合わせた効果的な矯正が必要です。プレート矯正であれば巻き爪の形状や硬さに合わせて微調整が可能で、痛みの強い箇所にピンポイントで貼り付けて矯正効果を出しやすいのです。個人差はありますが、初回の施術後には痛みを軽減できて2回目にほとんど痛みが無くなる方が大半です。また、皮膚に刺さりこむ陥入爪にも効果的です。

巻き爪矯正は複数回の通院が必要ですが、多くの患者様は4,5回程度の通院で矯正終了する場合が多いです。通院ペースは平均月に一度です。

巻き爪や陥入爪は早期の改善が大切です。そのままだと化膿などの炎症が起きたり、痛みを庇って歩いて腰を痛めるなど身体全体にも被害を与えるのが巻き爪の怖いところです。「自分は平気かも」そういう気持ちが実は黄色信号だったりします。まずは気になったらカウンセリングのみでも承ります。埼玉巻き爪矯正院 越谷院に是非お越しください。

ご予約はこちら⇒【予約する】

お電話はこちら⇒TEL:048-918-4997

埼玉巻き爪矯正院【越谷院】南越谷駅・新越谷駅から徒歩6~7分

巻き爪施術を受けられた患者様の感想文もチェックしてみてください⇒【感想文】

関連記事