●タコ・ウオノメとは

タコとはどんな状態?

タコは角質が隆起し、硬くなった状態です。盛り上がりが大きくなると、より慢性的なストレスを受けやすい状態になるので、どんどん大きくなり痛みを伴うこともあります。

タコの原因

タコの原因には、足に合わない靴が考えられます。皮膚が靴の内側と擦れるような負荷を慢性的に受け続けることによって症状が進行します。また、足の形の崩れにより、歩行時の足裏の地面への着き方が変わることでも起こってきます。

ウオノメとはどんな状態?

ウオノメは、角質が硬化していく点はタコと似ていますが、反対に皮膚の下の真皮層に向かって角質化が進みます。そのため、痛みが出やすいと言えます。

ウオノメの原因

ウオノメの原因はタコの原因と似ていますが、より局所的に圧力を受けることで深く真皮層まで達します。

●イボ(ウィルス性)

イボとは?(ウオノメ・タコとの違い)

イボは見た目にはタコやウオノメと混同してしまいがちですが、ウィルスによる腫瘍であり、角質化した皮膚ではありません。写真のように黒点状で、クレーター状になっています。イボを削ろうとすると出血し、周りの皮膚に傷があると範囲が広がってしまうこともあります。イボは病院の診察が必要です。

⇒タコ・ウオノメの施術料金はこちら