巻き爪とは

巻き爪はどんな状態?

巻き爪とは、爪の両端部が内側に向かって湾曲した状態を言います。見た目が様々で、ストロー状にくるりと一周するように巻く爪や、ホッチキスの針みたいに端がカクンと折れ曲がったような爪など多種多様です。巻き爪による皮膚への食い込みで痛みを感じる人もいます。

巻き爪の原因

  • 爪の切り方
  • 靴の履き方、選び方
  • 足の変形
  • 運動不足          etc…

巻き爪の原因は様々で、どれか1つだけが原因とはいかず、いろんな原因が複合して巻き爪を生み出してしまっています。多くの巻き爪患者さんに診られる原因は”深爪”、”足に合わない靴”や”正しくない靴の履き方”がほとんどです。

巻き爪の原因【深爪】

巻き爪の原因として深爪が考えられます。特に爪の角を深く切ってしまうと、サイドの皮膚が爪の上に盛り上がりやすくなります。そのせいで爪が押されて爪は曲がってしまいます。皮膚に爪が刺さって痛いからと切ってしまうと、さらに巻き爪と痛みを加速させる悪循環になります。爪は切らずに、すぐに施術を受けてください。

巻き爪の原因【靴の履き方・選び方】

巻き爪の原因には靴が大きく考えられます。靴は足を守るものではありますが、指先が締め付けられたり、内側にぶつかったりする負荷によって巻き爪を生み出す凶器にもなります。サイズが窮屈が良くないのはもちろんのこと、大きめの靴も足が中で遊んでぶつけやすいので避けてください。靴紐が緩まっていることも良くありません。しっかり締めて足が固定されると巻き爪になりにくくなります。

⇒巻き爪矯正の料金についてはこちら